フレーズ集

ja スポーツ   »   nn Sports

49 [四十九]

スポーツ

スポーツ

49 [førtini / ni og førti]

Sports

翻訳を表示する方法を選択してください:   
日本語 ノルウェーのニーノスク Play もっと
何か スポーツを します か ? Dr-v du m-d sp--t? Driv du med sport? D-i- d- m-d s-o-t- ------------------ Driv du med sport? 0
ええ 、 体を 動かさなくちゃ 。 J----- ---rø-e på ---. Ja, eg må røre på meg. J-, e- m- r-r- p- m-g- ---------------------- Ja, eg må røre på meg. 0
スポーツクラブに 行ってます 。 Eg e- m-d - -------e--s---. Eg er med i eit idrettslag. E- e- m-d i e-t i-r-t-s-a-. --------------------------- Eg er med i eit idrettslag. 0
私達は サッカーを します 。 V- sp---- fo----l. Vi spelar fotball. V- s-e-a- f-t-a-l- ------------------ Vi spelar fotball. 0
時々 泳ぎにも 行きます 。 A- -- -i- s-ø-m---vi. Av og til svømmer vi. A- o- t-l s-ø-m-r v-. --------------------- Av og til svømmer vi. 0
サイクリングを することも あります 。 E-l-- -i---k-ar. Eller vi syklar. E-l-r v- s-k-a-. ---------------- Eller vi syklar. 0
私達の 町には 、 サッカースタジアムが あります 。 I-b-en v----r-det --n --t-a---ta----. I byen vår er det ein fotballstadion. I b-e- v-r e- d-t e-n f-t-a-l-t-d-o-. ------------------------------------- I byen vår er det ein fotballstadion. 0
サウナ付きの プールも あります 。 Det -- e-n---ø----a-l -ed------ov---g. Det er ein svømmehall med badstove òg. D-t e- e-n s-ø-m-h-l- m-d b-d-t-v- ò-. -------------------------------------- Det er ein svømmehall med badstove òg. 0
ゴルフ場も あります 。 Og d----r--i- --l----e. Og det er ein golfbane. O- d-t e- e-n g-l-b-n-. ----------------------- Og det er ein golfbane. 0
テレビでは 何を やって いますか ? Kva--r d------TV? Kva er det på TV? K-a e- d-t p- T-? ----------------- Kva er det på TV? 0
ちょうど サッカーを やって います 。 De--er--o----lk-m--n--t n-. Det er fotballkamp nett no. D-t e- f-t-a-l-a-p n-t- n-. --------------------------- Det er fotballkamp nett no. 0
ドイツ対 イギリス です 。 Det -ys----a--- sp--a----t -et-e--e-ske. Det tyske laget spelar mot det engelske. D-t t-s-e l-g-t s-e-a- m-t d-t e-g-l-k-. ---------------------------------------- Det tyske laget spelar mot det engelske. 0
どっちが 勝って います か ? Kv----inn? Kven vinn? K-e- v-n-? ---------- Kven vinn? 0
わかりません 。 Eg --a- --k--. Eg anar ikkje. E- a-a- i-k-e- -------------- Eg anar ikkje. 0
今は まだ 勝負が ついて いません 。 D----- u------t-a---r---n-. Det er uavgjort akkurat no. D-t e- u-v-j-r- a-k-r-t n-. --------------------------- Det er uavgjort akkurat no. 0
審判は ベルギー人 です 。 Dom-ar-- -r-f-å -e---a. Dommaren er frå Belgia. D-m-a-e- e- f-å B-l-i-. ----------------------- Dommaren er frå Belgia. 0
今から 、 ペナルティーキック です 。 N--er---t--ll-ve-m--er. No er det elleve-meter. N- e- d-t e-l-v---e-e-. ----------------------- No er det elleve-meter. 0
入った ! 1対0 だ ! Må-- E-n-n---! Mål! Ein-null! M-l- E-n-n-l-! -------------- Mål! Ein-null! 0

強い言葉だけが生き残る!

珍しい単語は、よく使われる言葉よりも変化する。 それは進化の法則に関係がある。 よくある遺伝子は時間の流れのなかで変化しにくい。 それらは安定しているからだ。 そして同じことが、明らかに言葉にとってもいえる。 ある研究論文のために、英語の動詞が調査された。 そこでは、動詞の今日の形と昔の形が比較された。 英語では10個のひんぱんにつかわれる動詞が不規則変化をする。 ほとんどの他の動詞は規則動詞だ。 中世ではしかし、まだほとんどの動詞が不規則動詞だった。 めずらしい不規則動詞は、規則動詞になった。 300年後には、英語では不規則動詞がなくなっているだろう。 他の学術研究も、言語が遺伝子のように選択されることを示している。 研究者たちは、様々な言語のひんぱんに使われる単語を比較した。 その際、似ているもしくは同じ意味の単語が選ばれた。 たとえば、 water, Wasser, vatten だ。 これらの単語は同じ根源をもつため、似通っている。 それは重要な単語であるため、どの言語でもよく使われる。 そのためフォームをキープでき、今日まで似通っているのである。 あまり重要でない単語は、ずっと早く変化する。 それらはどちらかといえば他の単語で補われる。 それによって、異なる言語ではめずらしい単語は区別される。 なぜめずらしい単語が変化するかは、まだ明らかではない。 もしかしたら、それらはひんぱんに間違って使われたり発音されたりのかもしれない。 それは話者がその単語をよく知らないために起こる。 しかし重要な単語は常に同じでなければいけないのかもしれない。 というのは、それらは常に正しく理解されるからだ。 そして単語は理解されるためにある・・・。
知っていましたか?
ウクライナ語は東スラブ言語族に属します。 ロシア語、ベラルーシ語と近い親戚関係にあります。 4000万人以上がウクライナ語を話します。 ロシア語とポーランド語に続いて、最も話されるスラブ系言語になります。 ウクライナ語は18世紀末に民族言語から発展しました。 当時、独立した文語が発生し、それによって独自の文学も出てきました。 今日では3つのメイングループに分けられる多くのウクライナ語方言が存在します。 語彙、文構成、音韻の作り方は他のスラブ言語族を思い起こさせます。 それはスラブ言語族がかなり遅くになってから区別されるようになったからです。 ウクライナの地理的な状況のために、多くのポーランド語・ロシア語からの影響を受けています。 文法は7つの格があります。 ウクライナ語の形容詞は、人や物との関係をよく説明しています。 選択された単語のフォームによって、話者は感情を表現することができます。 さらなるウクライナ語の特徴は、ものすごく旋律的な響きです。 音楽のように響く言語を愛する人は、ウクライナ語を学ぶべきです!