フレーズ集

ja 何かを理由付ける 3   »   nn giving reasons 3

77 [七十七]

何かを理由付ける 3

何かを理由付ける 3

77 [syttisju]

giving reasons 3

翻訳を表示する方法を選択してください:   
日本語 ノルウェーのニーノスク Play もっと
あなたは なぜ ケーキを 食べないの です か ? Kv---r--t----i-kje ----? Kvifor et du ikkje kaka? K-i-o- e- d- i-k-e k-k-? ------------------------ Kvifor et du ikkje kaka? 0
痩せないと いけない ので 。 E- -å-sla--e-m--. Eg må slanke meg. E- m- s-a-k- m-g- ----------------- Eg må slanke meg. 0
痩せないと いけない ので 、 食べません 。 E--et---kje f--d--eg må ---n-e--e-. Eg et ikkje fordi eg må slanke meg. E- e- i-k-e f-r-i e- m- s-a-k- m-g- ----------------------------------- Eg et ikkje fordi eg må slanke meg. 0
あなたは なぜ ビールを 飲まないの です か ? K--f---d-i-k-du-i--je -l? Kvifor drikk du ikkje øl? K-i-o- d-i-k d- i-k-e ø-? ------------------------- Kvifor drikk du ikkje øl? 0
運転 しないと いけない ので 。 E--m- ---re. Eg må køyre. E- m- k-y-e- ------------ Eg må køyre. 0
運転 しないと いけない ので 、飲みません 。 E- d-i-k-ikkje-f-r-i--- -----y-e. Eg drikk ikkje fordi eg må køyre. E- d-i-k i-k-e f-r-i e- m- k-y-e- --------------------------------- Eg drikk ikkje fordi eg må køyre. 0
あなたは なぜ コーヒーを 飲まないの です か ? K-i-or --i-- d--i-kje ka----n? Kvifor drikk du ikkje kaffien? K-i-o- d-i-k d- i-k-e k-f-i-n- ------------------------------ Kvifor drikk du ikkje kaffien? 0
冷めてる から 。 H---er-----. Han er kald. H-n e- k-l-. ------------ Han er kald. 0
コーヒーが 冷めてる ので 、 飲みません 。 E--drik- --n-ik-j- f--di--a- -r-----. Eg drikk han ikkje fordi han er kald. E- d-i-k h-n i-k-e f-r-i h-n e- k-l-. ------------------------------------- Eg drikk han ikkje fordi han er kald. 0
あなたは なぜ 紅茶を 飲まないの です か ? Kvi-o--dr--k ---i-k-- t-en? Kvifor drikk du ikkje teen? K-i-o- d-i-k d- i-k-e t-e-? --------------------------- Kvifor drikk du ikkje teen? 0
砂糖が ない ので 。 E- har -kkje s-kke-. Eg har ikkje sukker. E- h-r i-k-e s-k-e-. -------------------- Eg har ikkje sukker. 0
砂糖が ない ので 、 紅茶を 飲みません 。 E- dri-- han ikkje fordi -----k---ha----kk-r. Eg drikk han ikkje fordi eg ikkje har sukker. E- d-i-k h-n i-k-e f-r-i e- i-k-e h-r s-k-e-. --------------------------------------------- Eg drikk han ikkje fordi eg ikkje har sukker. 0
あなたは なぜ スープを 飲まないの です か ? Kv-f-- -- d- ik--- -upp-? Kvifor et du ikkje suppa? K-i-o- e- d- i-k-e s-p-a- ------------------------- Kvifor et du ikkje suppa? 0
注文 していない から です 。 Eg-ha--i-kj--be-ti---h-. Eg har ikkje bestilt ho. E- h-r i-k-e b-s-i-t h-. ------------------------ Eg har ikkje bestilt ho. 0
スープは 注文 していない ので 、 飲みません 。 E--et ho-ikkje -ord- -g i-kj- -a--b----l---o. Eg et ho ikkje fordi eg ikkje har bestilt ho. E- e- h- i-k-e f-r-i e- i-k-e h-r b-s-i-t h-. --------------------------------------------- Eg et ho ikkje fordi eg ikkje har bestilt ho. 0
なぜ あなたは 肉を 食べないの です か ? K-ifor-et -----k-e---ø--t? Kvifor et du ikkje kjøtet? K-i-o- e- d- i-k-e k-ø-e-? -------------------------- Kvifor et du ikkje kjøtet? 0
ベジタリアン だから です 。 E- -- -e--t---anar. Eg er vegetarianar. E- e- v-g-t-r-a-a-. ------------------- Eg er vegetarianar. 0
ベジタリアン なので 、 肉は 食べません 。 Eg------- i-kje--ord---- er-v--e-ar--n--. Eg et det ikkje fordi eg er vegetarianar. E- e- d-t i-k-e f-r-i e- e- v-g-t-r-a-a-. ----------------------------------------- Eg et det ikkje fordi eg er vegetarianar. 0

ジェスチャーは単語の学習を助ける

単語を勉強すると、脳は多くの働きをする。 どの新しい単語も保存されなくてはならない。 しかし、学習するときに脳をサポートすることはできる。 それはジェスチャーによって機能する。 ジェスチャーは記憶の助けになる。 ジェスチャーを処理すると、単語をよりよく覚えておくことが出来る。 ある研究論文がそれをはっきりと証明した。 研究者たちは被験者に語彙を学ばせた。 これらの単語は本当は存在しない。 それらは芸術用語に属する。 いくつかの単語は、ジェスチャーとともに被験者に伝えられた。 つまり、被験者は単語を聞くまたは読むだけではない。 ジェスチャーを通じて、単語の意味も模倣された。 彼らが学んでいる間、脳の活動が測定された。 その際に研究者たちはある興味深い発見をした。 ジェスチャーをともなう単語の勉強では、複数の脳の領域が活発になった。 言語中枢とならんで感覚運動的領域でも活動を示した。 この付加的な脳の活動は、記憶にも影響する。 ジェスチャーとの学習は、複雑なネットワークをつくりだす。 このネットワークが、新しい単語を脳内のいくつもの場所に保存するのだ。 そうして語彙はより効率的に処理される。 それらの単語を使いたいと思うと、脳はそれをより早く見つける。 またそれらの単語はよりしっかりと記憶される。 しかし大切なのは、ジェスチャーが単語との関係を持っていることだ。 脳は単語とジェスチャーが適合すれば認識する。 これらの新しい認識は、新たな授業方法に結びつくかもしれない。 言語について少ししか知らない人たちは、だいたいがゆっくりと学ぶ。 単語を身体的に真似すれば、きっともっと簡単に学ぶだろう・・・。