フレーズ集

ja 感情   »   pa ਭਾਵਨਾਂਵਾਂ

56 [五十六]

感情

感情

56 [ਛਪੰਜਾ]

56 [Chapajā]

ਭਾਵਨਾਂਵਾਂ

[bhāvanānvāṁ]

翻訳を表示する方法を選択してください:   
日本語 パンジャブ語 Play もっと
やる気が ある ਚੰ-- ਹੋ-ਾ ਚ--- ਹ--- ਚ-ਗ- ਹ-ਣ- --------- ਚੰਗਾ ਹੋਣਾ 0
c-------ā c--- h--- c-g- h-ṇ- --------- cagā hōṇā
私達は やる気が あります 。 ਸਾਡ- ਇੱ-ਾ-ਹ-। ਸ--- ਇ--- ਹ-- ਸ-ਡ- ਇ-ਛ- ਹ-। ------------- ਸਾਡੀ ਇੱਛਾ ਹੈ। 0
sā-- --------. s--- i--- h--- s-ḍ- i-h- h-i- -------------- sāḍī ichā hai.
私達は やる気が ありません 。 ਸ-ਡ--ਕੋ--ਇ-ਛਾ------ਹ-। ਸ--- ਕ-- ਇ--- ਨ--- ਹ-- ਸ-ਡ- ਕ-ਈ ਇ-ਛ- ਨ-ੀ- ਹ-। ---------------------- ਸਾਡੀ ਕੋਈ ਇੱਛਾ ਨਹੀਂ ਹੈ। 0
Sāḍ- kō'--i-hā-n---ṁ h--. S--- k--- i--- n---- h--- S-ḍ- k-'- i-h- n-h-ṁ h-i- ------------------------- Sāḍī kō'ī ichā nahīṁ hai.
不安で ある ਡ---ੱ--ਾ ਡ- ਲ---- ਡ- ਲ-ਗ-ਾ -------- ਡਰ ਲੱਗਣਾ 0
Ḍ-r-----aṇā Ḍ--- l----- Ḍ-r- l-g-ṇ- ----------- Ḍara lagaṇā
不安 です 。 ਮੈ--- -ਰ ਲ---- -ੈ। ਮ---- ਡ- ਲ---- ਹ-- ਮ-ਨ-ੰ ਡ- ਲ-ਗ-ਾ ਹ-। ------------------ ਮੈਨੂੰ ਡਰ ਲੱਗਦਾ ਹੈ। 0
m-i-- ---a---g-dā ---. m---- ḍ--- l----- h--- m-i-ū ḍ-r- l-g-d- h-i- ---------------------- mainū ḍara lagadā hai.
怖く ありません 。 ਮ-ਨ-- ਡ--ਨ----ਲ--ਦਾ। ਮ---- ਡ- ਨ--- ਲ----- ਮ-ਨ-ੰ ਡ- ਨ-ੀ- ਲ-ਗ-ਾ- -------------------- ਮੈਨੂੰ ਡਰ ਨਹੀਂ ਲੱਗਦਾ। 0
Ma----ḍa-a -ah-ṁ --gadā. M---- ḍ--- n---- l------ M-i-ū ḍ-r- n-h-ṁ l-g-d-. ------------------------ Mainū ḍara nahīṁ lagadā.
時間が ある ਵ---ਹੋਣਾ ਵ-- ਹ--- ਵ-ਤ ਹ-ਣ- -------- ਵਕਤ ਹੋਣਾ 0
Va---- hōṇā V----- h--- V-k-t- h-ṇ- ----------- Vakata hōṇā
彼は 時間が あります 。 ਉਸ-- -ੋਲ --ਤ---। ਉ--- ਕ-- ਵ-- ਹ-- ਉ-ਦ- ਕ-ਲ ਵ-ਤ ਹ-। ---------------- ਉਸਦੇ ਕੋਲ ਵਕਤ ਹੈ। 0
us--ē-k--a v-k-ta---i. u---- k--- v----- h--- u-a-ē k-l- v-k-t- h-i- ---------------------- usadē kōla vakata hai.
彼は 時間が ありません 。 ਉ-ਦ--ਕੋ- --ਤ --ੀਂ-ਹ-। ਉ--- ਕ-- ਵ-- ਨ--- ਹ-- ਉ-ਦ- ਕ-ਲ ਵ-ਤ ਨ-ੀ- ਹ-। --------------------- ਉਸਦੇ ਕੋਲ ਵਕਤ ਨਹੀਂ ਹੈ। 0
U-ad- k-la----ata--a-īṁ-h--. U---- k--- v----- n---- h--- U-a-ē k-l- v-k-t- n-h-ṁ h-i- ---------------------------- Usadē kōla vakata nahīṁ hai.
退屈 する ਅ----ਾਣਾ ਅ-- ਜ--- ਅ-ਕ ਜ-ਣ- -------- ਅੱਕ ਜਾਣਾ 0
Ak- j-ṇā A-- j--- A-a j-ṇ- -------- Aka jāṇā
彼女は 退屈 して います 。 ਉਹ ਅ-ਕ-ਗਈ --। ਉ- ਅ-- ਗ- ਹ-- ਉ- ਅ-ਕ ਗ- ਹ-। ------------- ਉਹ ਅੱਕ ਗਈ ਹੈ। 0
u-a --a -a'ī ---. u-- a-- g--- h--- u-a a-a g-'- h-i- ----------------- uha aka ga'ī hai.
彼女は 退屈 して いません 。 ਉਹ---ੀਂ -ੱ-- ਹੈ। ਉ- ਨ--- ਅ--- ਹ-- ਉ- ਨ-ੀ- ਅ-ਕ- ਹ-। ---------------- ਉਹ ਨਹੀਂ ਅੱਕੀ ਹੈ। 0
Uh------ṁ a-ī ha-. U-- n---- a-- h--- U-a n-h-ṁ a-ī h-i- ------------------ Uha nahīṁ akī hai.
おなかが すく ਭੁ-ਖ--ੱ--ਾ ਭ--- ਲ---- ਭ-ੱ- ਲ-ਗ-ਾ ---------- ਭੁੱਖ ਲੱਗਣਾ 0
B----a laga-ā B----- l----- B-u-h- l-g-ṇ- ------------- Bhukha lagaṇā
おなかが すいて います か ? ਕੀ--ੁ-ਾ-ੂ----ੱਖ ਲ-ਗੀ -ੈ? ਕ- ਤ------ ਭ--- ਲ--- ਹ-- ਕ- ਤ-ਹ-ਨ-ੰ ਭ-ੱ- ਲ-ਗ- ਹ-? ------------------------ ਕੀ ਤੁਹਾਨੂੰ ਭੁੱਖ ਲੱਗੀ ਹੈ? 0
k---uh------u--a la-ī -ai? k- t----- b----- l--- h--- k- t-h-n- b-u-h- l-g- h-i- -------------------------- kī tuhānū bhukha lagī hai?
おなかは すいて ないの です か ? ਕ---ੁਹਾ--- ਭ-ੱ- ਨ----ਲ---? ਕ- ਤ------ ਭ--- ਨ--- ਲ---- ਕ- ਤ-ਹ-ਨ-ੰ ਭ-ੱ- ਨ-ੀ- ਲ-ਗ-? -------------------------- ਕੀ ਤੁਹਾਨੂੰ ਭੁੱਖ ਨਹੀਂ ਲੱਗੀ? 0
Kī ---ānū-b-u-h- na--ṁ la--? K- t----- b----- n---- l---- K- t-h-n- b-u-h- n-h-ṁ l-g-? ---------------------------- Kī tuhānū bhukha nahīṁ lagī?
のどが 渇く ਪਿਆਸ -ੱ--ਾ ਪ--- ਲ---- ਪ-ਆ- ਲ-ਗ-ਾ ---------- ਪਿਆਸ ਲੱਗਣਾ 0
Pi'--- -----ā P----- l----- P-'-s- l-g-ṇ- ------------- Pi'āsa lagaṇā
彼らは のどが 渇いて います ね 。 ਉਹ--- ਨੂੰ -ਿਆ- ---ੀ---। ਉ---- ਨ-- ਪ--- ਲ--- ਹ-- ਉ-ਨ-ਂ ਨ-ੰ ਪ-ਆ- ਲ-ਗ- ਹ-। ----------------------- ਉਹਨਾਂ ਨੂੰ ਪਿਆਸ ਲੱਗੀ ਹੈ। 0
u-a--ṁ----pi---a---gī-h-i. u----- n- p----- l--- h--- u-a-ā- n- p-'-s- l-g- h-i- -------------------------- uhanāṁ nū pi'āsa lagī hai.
彼らは のどが 渇いて いません 。 ਉਹਨ-ਂ---ੰ -ਿ-ਸ-ਨ-ੀਂ --ਗ-। ਉ---- ਨ-- ਪ--- ਨ--- ਲ---- ਉ-ਨ-ਂ ਨ-ੰ ਪ-ਆ- ਨ-ੀ- ਲ-ਗ-। ------------------------- ਉਹਨਾਂ ਨੂੰ ਪਿਆਸ ਨਹੀਂ ਲੱਗੀ। 0
U-a------ p-'-sa nahīṁ--a--. U----- n- p----- n---- l---- U-a-ā- n- p-'-s- n-h-ṁ l-g-. ---------------------------- Uhanāṁ nū pi'āsa nahīṁ lagī.

秘密の言語

言語を介して我々は他の人に、自分が考え、感じることを伝えたい。 意思の疎通はそのため、言語の最も重要な課題だ。 しかし人間はときには他の皆からは理解されないことがある。 すると彼らは秘密の言語をつくりだす。 秘密の言語は何千年も人々をひきつけてきた。 たとえば、ジュリアス・シーザーは独自の秘密の言語をもっていた。 彼は暗号化されたメッセージを彼の帝国の全土に送った。 彼の敵はそのコード化されたメッセージを読むことができなかった。 秘密の言語は守られたコミュニケーションである。 秘密の言語を通じて、我々は自身と他人を区別する。 限定されたグループに属していることを示すのである。 なぜ我々が秘密の言語を使うのかには、様々な理由がある。 恋するものはいつの時代でも暗号化された手紙を書いてきた。 また、特定の労働グループは常に独自の言語を持っていた。 そのため、魔術師、泥棒、商人のための言語が存在する。 しかしほとんどの場合、秘密の言語は政治的目的に利用された。 ほとんどどの戦争においても、秘密の言語が開発された。 軍隊と秘密情報機関には、秘密言語のための独自のエキスパートがいた。 暗号に関する学問が、クリプトロジーだ。 近代のコードは、複雑な数式にもとづいている。 それらは解読が非常に難しい。 暗号化されていない言語なしには、我々の生活は考えられない。 今日ではあちこちで暗号化されたデータが存在する。 クレジットカードとメール-すべてコードによって機能している。 特に子どもたちは、秘密の言語を面白いと感じる。 彼らは友達と秘密のメッセージをやりとりすることを好む。 子どもの成長には、秘密の言語はそれどころか役立つ。 創造性と言語に対するフィーリングが養われるからである。