日本語 » 中国語   助詞の過去形2


88 [八十八]

助詞の過去形2

-

+ 88[八十八]88 [Bāshíbā]

+ 情态动词的过去时2qíngtài dòngcí de guòqù shí 2

88 [八十八]

助詞の過去形2

-

88[八十八]
88 [Bāshíbā]

情态动词的过去时2
qíngtài dòngcí de guòqù shí 2

クリックしてテキストを見てください:   
日本語中文
私の 息子は 人形では 遊びたがりません でした 。 我 儿- 那- 不- 玩 洋-- 。
w- é--- n- s-- b------ w-- y-------.
+
私の 娘は サッカーを したがりません でした 。 我 女- 那- 不- 踢-- 。
W- n---- n- s-- b------ t- z----.
+
妻は 、 私とは チェスを したがりません でした 。 我的 妻- 那- 不- 和 我 玩- 国--- 。
W- d- q--- n- s-- b------ h- w- w-- e- g---- x------.
+
   
子供達は 、 散歩を したがりません でした 。 我的 孩- 那- 不- 去 散- 。
W- d- h---- n- s-- b------ q- s----.
+
彼らは 部屋を 掃除したくなかったの です ね 。 他们 当- 不- 收- 这- 房- 。
T---- d------ b------ s------ z---- f-------.
+
彼らは 寝に 行きたくなかったの です ね 。 他们 那- 不- 去 睡- 。
T---- n- s-- b------ q- s-------.
+
   
彼は アイスを 食べては いけません でした 。 他 那- 不-- 吃 冰-- 。
T- n- s-- b- k--- c-- b--- j- l--.
+
彼は チョコレートを 食べては いけません でした 。 他 那- 不-- 吃 巧-- 。
T- n- s-- b- k--- c-- q-------.
+
彼は キャンディーを 食べては いけません でした 。 他 那- 不-- 吃 糖 。
T- n- s-- b- k--- c-- t---.
+
   
私は 何か 望んでも 良かったの です 。 我 那- 可- 为-- 许- 。
W- n- s-- k--- w-- z--- x-----.
+
私は 自分に ドレスを 買うことが でき ました 。 我 那- 可- 给 自- 买- 连-- 。
W- n- s-- k--- j- z--- m-- t--- l--------.
+
私は チョコレートを もらうことが でき ました 。 我 那- 可- 拿- 夹---- 吃 。
W- n- s-- k--- n- k--- j----- q------- c--.
+
   
あなたは 飛行機の 中で タバコを 吸っても 良かったの です か ? 你 那- 可- 在--- 吸- 吗 ?
N- n- s-- k--- z-- f---- l- x---- m-?
+
あなたは 病院で ビールを 飲んでも 良かったの です か ? 你 那- 可- 在-- 喝 啤- 吗 ?
N- n- s-- k--- z-- y----- h- p---- m-?
+
あなたは 犬を ホテルに 連れて 行っても 良かったの です か ? 你 那- 可- 把 狗 带- 宾-- 吗 ?
N- n- s-- k--- b- g-- d-- d-- b------ l- m-?
+
   
休暇中 、 子供達は 遅くまで 外に いることが 許されて いました 。 孩子- 那- 可- 在--- 在-- 长-- 逗- 。
H------- n- s-- k--- z-- j---- l- z-- w------ c---- s------ d-----.
+
彼らは 長時間 、 中庭で 遊ぶことが 許されて いました 。 他们 那- 可- 在--- 长-- 玩-
T---- n- s-- k--- z-- y----- l- c---- s------ w-- er
+
彼らは 、 遅くまで 起きていることを 許されて いました 。 他们 那- 可- 长-- 熬- 。
t---- n- s-- k--- c---- s------ á---.
+
   

忘れることへのヒント

学習はいつも簡単ではない。 たとえ楽しくても、骨が折れることもある。 しかし何かを学ぶと、楽しい。 我々は自身とその進歩を誇りに思う。 残念ながら、学んだことはまた忘れられることがある。 特に言語ではそれがしばしば問題だ。 我々のほとんどは、学校でひとつか複数の言語を学ぶ。 学校時代のあとはこれらの知識はだいたい消滅する。 我々はその言語をもうまったく話せない。 日常はほとんど母国語が独占している。 多くの外国語は、休暇でしか使われない。 しかし定期的に活性化されない知識は消えていく。 脳はトレーニングを必要とする。

脳は筋肉のように機能するといえるだろう。 この筋肉は動かされなくてはならない。さもないと弱くなる。 しかし忘れることを避ける方法もある。 もっとも大切なのは、学んだことをどんどん使うことだ。 その際に固定化した儀式が助けになる。 異なる一週間の曜日に、ちょっとしたプログラムを計画できる。 月曜日にはたとえば外国語の本を読む。 水曜には外国のラジオ放送を聞く。 金曜には外国語で日記を書く。 この方法で、読む、聞く、書くを変えられる。 それによって知識は異なる方法で活性化される。 この練習はすべて、長時間続ける必要はない。30分で十分だ。 しかし大切なのは、定期的に練習することだ! 研究によって、一度学んだことは何十年も脳内にとどまることが示されている。 つまり、それは再び引き出しから出されなくてはならない・・・。
言語を当ててください!
_______は西スラブ言語族に属しています。 約4500万人が母国語としています。 彼らは主に、******と東ヨーロッパのいくつかの国に暮らしています。 ******からの移民は、その言語を他の大陸に持ち込みました。 そのため、世界中では6000万人が_______を話すのです。 それにより、ロシア語に続いて最も話されるスラブ言語となっています。 _______が近い親戚関係にあるのはチェコ語とスロバキア語です。

現代_______の書き言葉は、異なる方言から発展しました。 しかし現在ではもう方言はほとんどありません。ほとんどの******人は標準語を使うからです。 _______のアルファベットはラテン語で書かれ、35の文字があります。 常に単語の最後から2番目の音節が強調されます。 文法は7つの格と3つの性に区別されます。 つまり、ほとんどどの単語の終わりも活用または変化するのです。 _______はそれによって、最も簡単な言語には数えられません・・・ しかしもうすぐヨーロッパで最も重要な言語の一つになるかもしれません!