フレーズ集

ja 何かを理由付ける 3   »   sv motivera något 3

77 [七十七]

何かを理由付ける 3

何かを理由付ける 3

77 [sjuttiosju]

motivera något 3

翻訳を表示する方法を選択してください:   
日本語 スウェーデン語 Play もっと
あなたは なぜ ケーキを 食べないの です か ? V----r --e--ni ---e-t--t--? Varför äter ni inte tårtan? V-r-ö- ä-e- n- i-t- t-r-a-? --------------------------- Varför äter ni inte tårtan? 0
痩せないと いけない ので 。 Jag--å-t- -ant-. Jag måste banta. J-g m-s-e b-n-a- ---------------- Jag måste banta. 0
痩せないと いけない ので 、 食べません 。 Jag ä-e--d----n--, fö- att --g m-s-a---nt-. Jag äter den inte, för att jag måsta banta. J-g ä-e- d-n i-t-, f-r a-t j-g m-s-a b-n-a- ------------------------------------------- Jag äter den inte, för att jag måsta banta. 0
あなたは なぜ ビールを 飲まないの です か ? Varfö----i---- ni i-t- -le-? Varför dricker ni inte ölet? V-r-ö- d-i-k-r n- i-t- ö-e-? ---------------------------- Varför dricker ni inte ölet? 0
運転 しないと いけない ので 。 J----å--- --r-. Jag måste köra. J-g m-s-e k-r-. --------------- Jag måste köra. 0
運転 しないと いけない ので 、飲みません 。 Ja- -ricker-det---t-- --- att-j-g-måst--k-ra. Jag dricker det inte, för att jag måste köra. J-g d-i-k-r d-t i-t-, f-r a-t j-g m-s-e k-r-. --------------------------------------------- Jag dricker det inte, för att jag måste köra. 0
あなたは なぜ コーヒーを 飲まないの です か ? V-rf-- -ri-k-r du-int-------t? Varför dricker du inte kaffet? V-r-ö- d-i-k-r d- i-t- k-f-e-? ------------------------------ Varför dricker du inte kaffet? 0
冷めてる から 。 D-t är-kal--. Det är kallt. D-t ä- k-l-t- ------------- Det är kallt. 0
コーヒーが 冷めてる ので 、 飲みません 。 Jag d-ic-e--d-t -n--- -f-e---- -e--är ka-lt. Jag dricker det inte, eftersom det är kallt. J-g d-i-k-r d-t i-t-, e-t-r-o- d-t ä- k-l-t- -------------------------------------------- Jag dricker det inte, eftersom det är kallt. 0
あなたは なぜ 紅茶を 飲まないの です か ? V-r--- -rick-r d--i--e -eet? Varför dricker du inte teet? V-r-ö- d-i-k-r d- i-t- t-e-? ---------------------------- Varför dricker du inte teet? 0
砂糖が ない ので 。 J-g-h-r----et -o---r. Jag har inget socker. J-g h-r i-g-t s-c-e-. --------------------- Jag har inget socker. 0
砂糖が ない ので 、 紅茶を 飲みません 。 Jag -r--ker det--n-e, för at- ja- ---- -ar -åg-- so---r. Jag dricker det inte, för att jag inte har något socker. J-g d-i-k-r d-t i-t-, f-r a-t j-g i-t- h-r n-g-t s-c-e-. -------------------------------------------------------- Jag dricker det inte, för att jag inte har något socker. 0
あなたは なぜ スープを 飲まないの です か ? V--fö--ä-e- -i----- s-p--n? Varför äter ni inte soppan? V-r-ö- ä-e- n- i-t- s-p-a-? --------------------------- Varför äter ni inte soppan? 0
注文 していない から です 。 Jag---r inte -e--ällt -en. Jag har inte beställt den. J-g h-r i-t- b-s-ä-l- d-n- -------------------------- Jag har inte beställt den. 0
スープは 注文 していない ので 、 飲みません 。 Ja- ät-r------nte, -f-e-som-jag---te --- -e-t-llt-den. Jag äter den inte, eftersom jag inte har beställt den. J-g ä-e- d-n i-t-, e-t-r-o- j-g i-t- h-r b-s-ä-l- d-n- ------------------------------------------------------ Jag äter den inte, eftersom jag inte har beställt den. 0
なぜ あなたは 肉を 食べないの です か ? V---ö--äte- ni-i--e köt-et? Varför äter ni inte köttet? V-r-ö- ä-e- n- i-t- k-t-e-? --------------------------- Varför äter ni inte köttet? 0
ベジタリアン だから です 。 Ja- är-v-get-ria-. Jag är vegetarian. J-g ä- v-g-t-r-a-. ------------------ Jag är vegetarian. 0
ベジタリアン なので 、 肉は 食べません 。 J-- -----det-i-te- -ft--so--j-- ä-----et-r-a-. Jag äter det inte, eftersom jag är vegetarian. J-g ä-e- d-t i-t-, e-t-r-o- j-g ä- v-g-t-r-a-. ---------------------------------------------- Jag äter det inte, eftersom jag är vegetarian. 0

ジェスチャーは単語の学習を助ける

単語を勉強すると、脳は多くの働きをする。 どの新しい単語も保存されなくてはならない。 しかし、学習するときに脳をサポートすることはできる。 それはジェスチャーによって機能する。 ジェスチャーは記憶の助けになる。 ジェスチャーを処理すると、単語をよりよく覚えておくことが出来る。 ある研究論文がそれをはっきりと証明した。 研究者たちは被験者に語彙を学ばせた。 これらの単語は本当は存在しない。 それらは芸術用語に属する。 いくつかの単語は、ジェスチャーとともに被験者に伝えられた。 つまり、被験者は単語を聞くまたは読むだけではない。 ジェスチャーを通じて、単語の意味も模倣された。 彼らが学んでいる間、脳の活動が測定された。 その際に研究者たちはある興味深い発見をした。 ジェスチャーをともなう単語の勉強では、複数の脳の領域が活発になった。 言語中枢とならんで感覚運動的領域でも活動を示した。 この付加的な脳の活動は、記憶にも影響する。 ジェスチャーとの学習は、複雑なネットワークをつくりだす。 このネットワークが、新しい単語を脳内のいくつもの場所に保存するのだ。 そうして語彙はより効率的に処理される。 それらの単語を使いたいと思うと、脳はそれをより早く見つける。 またそれらの単語はよりしっかりと記憶される。 しかし大切なのは、ジェスチャーが単語との関係を持っていることだ。 脳は単語とジェスチャーが適合すれば認識する。 これらの新しい認識は、新たな授業方法に結びつくかもしれない。 言語について少ししか知らない人たちは、だいたいがゆっくりと学ぶ。 単語を身体的に真似すれば、きっともっと簡単に学ぶだろう・・・。