Frazlibro

eo Neado 2   »   ja 否定形 2

65 [sesdek kvin]

Neado 2

Neado 2

65 [六十五]

65 [Rokujūgo]

否定形 2

[hitei katachi 2]

Elektu kiel vi volas vidi la tradukon:   
esperanto japanoj Ludu Pli
Ĉu la ringo multekostas? その 指輪は 高い です か ? その 指輪は 高い です か ? その 指輪は 高い です か ? その 指輪は 高い です か ? その 指輪は 高い です か ? 0
s-n- yubi-- -a takaide-u---? sono yubiwa wa takaidesu ka? s-n- y-b-w- w- t-k-i-e-u k-? ---------------------------- sono yubiwa wa takaidesu ka?
Ne, ĝi kostas nur cent eŭrojn. いいえ 、 たったの 100ユーロ です よ 。 いいえ 、 たったの 100ユーロ です よ 。 いいえ 、 たったの 100ユーロ です よ 。 いいえ 、 たったの 100ユーロ です よ 。 いいえ 、 たったの 100ユーロ です よ 。 0
Īe, t-t-a--- 100 yūrod-s----. Īe, tatta no 100 yūrodesu yo. Ī-, t-t-a n- 1-0 y-r-d-s- y-. ----------------------------- Īe, tatta no 100 yūrodesu yo.
Sed mi havas nur kvindek. でも 50しか 持って いないん です 。 でも 50しか 持って いないん です 。 でも 50しか 持って いないん です 。 でも 50しか 持って いないん です 。 でも 50しか 持って いないん です 。 0
demo -- sh-ka -otte--n-- ndes-. demo 50 shika motte inai ndesu. d-m- 5- s-i-a m-t-e i-a- n-e-u- ------------------------------- demo 50 shika motte inai ndesu.
Ĉu vi jam pretas? もう 終わりました か ? もう 終わりました か ? もう 終わりました か ? もう 終わりました か ? もう 終わりました か ? 0
mō-o-a-imas---a k-? mō owarimashita ka? m- o-a-i-a-h-t- k-? ------------------- mō owarimashita ka?
Ne, ankoraŭ ne. いいえ 、 まだ です 。 いいえ 、 まだ です 。 いいえ 、 まだ です 。 いいえ 、 まだ です 。 いいえ 、 まだ です 。 0
Īe- ma--d-su. Īe, madadesu. Ī-, m-d-d-s-. ------------- Īe, madadesu.
Sed mi baldaŭ pretos. でも もう じきに 終わり ます 。 でも もう じきに 終わり ます 。 でも もう じきに 終わり ます 。 でも もう じきに 終わり ます 。 でも もう じきに 終わり ます 。 0
dem--m- j---ni-o---i-a-u. demo mō jikini owarimasu. d-m- m- j-k-n- o-a-i-a-u- ------------------------- demo mō jikini owarimasu.
Ĉu vi ŝatus pli da supo? スープを もっと いかが です か ? スープを もっと いかが です か ? スープを もっと いかが です か ? スープを もっと いかが です か ? スープを もっと いかが です か ? 0
s--u-o --t-- -k---de-- --? sūpu o motto ikagadesu ka? s-p- o m-t-o i-a-a-e-u k-? -------------------------- sūpu o motto ikagadesu ka?
Ne, mi ne volas pli. いいえ 、 もう 結構 です 。 いいえ 、 もう 結構 です 。 いいえ 、 もう 結構 です 。 いいえ 、 もう 結構 です 。 いいえ 、 もう 結構 です 。 0
Ī-,-mō-ke-k--es-. Īe, mō kekkōdesu. Ī-, m- k-k-ō-e-u- ----------------- Īe, mō kekkōdesu.
Sed plian glaciaĵon. でも アイスを お願い します 。 でも アイスを お願い します 。 でも アイスを お願い します 。 でも アイスを お願い します 。 でも アイスを お願い します 。 0
de-----s- o--n-ga-shima--. demo aisu o onegaishimasu. d-m- a-s- o o-e-a-s-i-a-u- -------------------------- demo aisu o onegaishimasu.
Ĉu de longe vi loĝas ĉi-tie? もう ここに 住んで 長いの です か ? もう ここに 住んで 長いの です か ? もう ここに 住んで 長いの です か ? もう ここに 住んで 長いの です か ? もう ここに 住んで 長いの です か ? 0
mō-k-k--n- su-d--n--a- --d--u k-? mō koko ni sunde nagai nodesu ka? m- k-k- n- s-n-e n-g-i n-d-s- k-? --------------------------------- mō koko ni sunde nagai nodesu ka?
Ne, de nur unu monato. いいえ 、 まだ一 ヶ月目 です 。 いいえ 、 まだ一 ヶ月目 です 。 いいえ 、 まだ一 ヶ月目 です 。 いいえ 、 まだ一 ヶ月目 です 。 いいえ 、 まだ一 ヶ月目 です 。 0
Īe--mada-ic-i----e-su-m---s-. Īe, mada ichi-kagetsu-medesu. Ī-, m-d- i-h---a-e-s---e-e-u- ----------------------------- Īe, mada ichi-kagetsu-medesu.
Sed mi jam konas multajn homojn. でも 既に いろんな 人たちと 知り合いに なりました 。 でも 既に いろんな 人たちと 知り合いに なりました 。 でも 既に いろんな 人たちと 知り合いに なりました 。 でも 既に いろんな 人たちと 知り合いに なりました 。 でも 既に いろんな 人たちと 知り合いに なりました 。 0
demo s-d--i----n'na -i-o-tac-i--- --iriai-ni -a-i--s-i-a. demo sudeni iron'na hito-tachi to shiriai ni narimashita. d-m- s-d-n- i-o-'-a h-t---a-h- t- s-i-i-i n- n-r-m-s-i-a- --------------------------------------------------------- demo sudeni iron'na hito-tachi to shiriai ni narimashita.
Ĉu vi veturos hejmen morgaŭ? 明日 、 家へ 運転して 帰ります か ? 明日 、 家へ 運転して 帰ります か ? 明日 、 家へ 運転して 帰ります か ? 明日 、 家へ 運転して 帰ります か ? 明日 、 家へ 運転して 帰ります か ? 0
ashita-------u---- --i----ae--mas---a? ashita,-ka e unten shite kaerimasu ka? a-h-t-,-k- e u-t-n s-i-e k-e-i-a-u k-? -------------------------------------- ashita,-ka e unten shite kaerimasu ka?
Ne, nur ĉi-tiun semajnfinon. いいえ 、 週末 です 。 いいえ 、 週末 です 。 いいえ 、 週末 です 。 いいえ 、 週末 です 。 いいえ 、 週末 です 。 0
Ī-,-sh--atsud---. Īe, shūmatsudesu. Ī-, s-ū-a-s-d-s-. ----------------- Īe, shūmatsudesu.
Sed mi jam revenos dimanĉon. でも 、 日曜には もう 戻って きます 。 でも 、 日曜には もう 戻って きます 。 でも 、 日曜には もう 戻って きます 。 でも 、 日曜には もう 戻って きます 。 でも 、 日曜には もう 戻って きます 。 0
dem-,-n--hi-ō ----a mō---dot-e-k---su. demo, nichiyō ni wa mō modotte kimasu. d-m-, n-c-i-ō n- w- m- m-d-t-e k-m-s-. -------------------------------------- demo, nichiyō ni wa mō modotte kimasu.
Ĉu via filino estas plenkreska? あなたの 娘は もう 大人です か ? あなたの 娘は もう 大人です か ? あなたの 娘は もう 大人です か ? あなたの 娘は もう 大人です か ? あなたの 娘は もう 大人です か ? 0
a---a -o m---m--w- ---o--nad-s---a? anata no musume wa mō otonadesu ka? a-a-a n- m-s-m- w- m- o-o-a-e-u k-? ----------------------------------- anata no musume wa mō otonadesu ka?
Ne, ŝi estas nur deksepjara. いいえ 、 まだ 17 です 。 いいえ 、 まだ 17 です 。 いいえ 、 まだ 17 です 。 いいえ 、 まだ 17 です 。 いいえ 、 まだ 17 です 。 0
Īe--mad----des-. Īe, mada 17desu. Ī-, m-d- 1-d-s-. ---------------- Īe, mada 17desu.
Sed ŝi jam havas koramikon. でも すでに ボーイフレンドが います 。 でも すでに ボーイフレンドが います 。 でも すでに ボーイフレンドが います 。 でも すでに ボーイフレンドが います 。 でも すでに ボーイフレンドが います 。 0
d--o-sud---------r-nd- ga -ma-u. demo sudeni bōifurendo ga imasu. d-m- s-d-n- b-i-u-e-d- g- i-a-u- -------------------------------- demo sudeni bōifurendo ga imasu.

Tio, kion la vortoj rakontas al ni

En la mondo estas milionoj da libroj. Kiom ĝis hodiaŭ skribitis ne sciatas. Multege da scio konservitas en tiuj libroj. Se oni povus legi ĉiujn, oni scius multon pri la vivo. Ĉar la libroj montras al ni kiel modifiĝas nia mondo. Ĉiu epoko havas siajn proprajn librojn. En ili oni povas identigi tion, kio gravas por la homoj. Bedaŭrinde neniu povas legi ĉiujn librojn. Sed la moderna teknologio povas helpi nin analizi la librojn. Per la ciferecigo eblas konservi librojn kiel donitaĵojn. Ilia enhavo poste analizeblas. La lingvistoj tiel vidas kiel nia lingvo modifiĝas. Sed ankoraŭ pli interese estas kalkuli la oftecon de la vortoj. Tio ebligas dedukti la gravecon de difinitaj aferoj. La sciencistoj analizis pli ol 5 milionojn da libroj. Temis pri libroj el la pasintaj kvin jarcentoj. Oni entute analizis ĉirkaŭ 500 miliardojn da vortoj. La ofteco de la vortoj montras kiel la homoj vivis antaŭe kaj hodiaŭ. En la lingvo speguliĝas la ideoj kaj la tendencoj. Ekzemple, la graveco de la vorto viroj malkreskis. Ĝi hodiaŭ malpli ofte uziĝas ol antaŭe. La ofteco de la vorto virinoj male konsiderinde kreskis. Per la vortoj oni povas vidi ankaŭ tion, kion ni ŝatas manĝi. En la 50aj jaroj tre gravis la vorto glacikremo . Poste furoris la vortoj pico kaj nudeloj . De kelkaj jaroj dominas la termino suŝio . Estas bona novaĵo por ĉiuj lingvemuloj… En nian lingvon ĉiujare eniĝas pliaj vortoj!